• TOP>
  • コラム>
  • 今年はオーダーを使っての売買にトライ!

今年はオーダーを使っての売買にトライ!

2019-01-07 10:19[ しょうたのすけ

現役大学生の仮想通貨取引奮闘記 仮想通貨 暗号資産



あけましておめでとうございます!

いよいよ2018年も終わり2019年になりました!
4日に浅草寺に初詣に行ったのですが、ものすごい人でした。4日であの込み具合なら元旦はもっと大変なことになっていたんでしょうね。
とにかく良い1年になることを願いました!

皆さんにとって2018年はどういう年になったでしょうか。仮想通貨市場は大暴落から始まりCoincheckのXEM流出、BCHの分裂騒動などもあって、相場は乱高下しました。そして全体としては大きな下落となって1年を終えました。
年初の金融市場は仮想通貨は比較的落ち着いていましたが、他ではドル/円相場が急落し一時104円台をつけたり、日経平均が急落してスタートしており波乱含みの展開となっているようです。

それでは本題に入りましょう!

年末の仮想通貨相場はとても不安定でした。確定申告のために損益を確定させる影響もあるのでしょうか?特にBTCは急に上がって急に下がってを繰り返した印象です。しかし、チャートを4時間足で見てみると少しずつボトムが上がってきているのかなという印象を受けています。ETHはじわじわと回復している感じがします。そうなってくるとどの銘柄を買えばいいか目移り。

と、年末までは考えていましたが今年は仮想通貨相場回復の年だろうなという自分の予想と、お年玉をもらい資金が増えた新年の景気づけということで成り行きでXRPを39円付近で購入し3円幅の42円の利益確定指値売りと36円の損切逆指値売りでオーダーを入れ、さらに38円と37円でそれぞれXRP指値買いオーダーを入れました。これらは2円幅か3円幅で利益確定/損切りオーダーを入れようと思っています。ポイントは利益確定と損切りの値幅を同じにすることだと感じています。
執筆時点では38円の指値買いオーダーが約定済みとなっています。

さらに今勢いのあるETHを16,500円での指値買いオーダーも入れました。これに関しては、値動きの勢いだけを見ての注文となりますがどうなるかが楽しみです。

ところで、昨年はすべて成り行きで売買していましたが、今年は指値オーダーを積極的に使おうと考えています。これはポジションメイクと手仕舞い両方です。
仮想通貨相場は大きな値幅で上下動を繰り返しているため、相場を見ていない時の値動きを的確にとらえていく必要があり、オーダーを駆使した取引は不可欠と考えました。
今年はOCOなどの組み合わせオーダーも積極的に使って元の投資資金を4倍に増やすことを目標に頑張りたいと思います!

以下は個人的に注目するニュースをピックアップです。

「BinanceにXRP基軸通貨追加を発表」(Coinpost12/24)
内容は以下
  • 仮想通貨取引所のBinanceがXRP基軸通貨ペアを上場
  • これによりBinanceの基軸通貨はBTC,ETH,BNBなど8種類に

ここに書いている基軸通貨という言葉は、厳密な意味での基軸通貨ではありません。基軸通貨は本来国際間の取引や決済などで広く使われる通貨のことで、外国為替の世界では米ドルがそれにあたります。仮想通貨の世界では、多くのアルトコインの決済に使用されることが多いBTCがそれに近いものであると言えます。
一方でこのニュースで使われている”基軸通貨”は仮想通貨取引において、アルトコイン取引の相手通貨として受け入れられる通貨ということです。具体的には取引所がこれまでTRX(トロン)を取引するには対BTCでしかできなかったけれど、今後は対XRPでも取引できるようにしたということです。

余談ですが、仮想通貨の世界ではそれまでの金融市場で一般的に使われている言葉を少し意味を変えて使っているため紛らわしいことが多いと言われています。今回の「基軸通貨」もそうですが、証拠金(レバレッジ)取引のことを「FX」、レバレッジ取引の建玉手数料のことを「スワップポイント」など数え上げればきりがありません。そもそも「取引所」という使い方も本来の使い方ではなく正しくは「交換所」のはずです。

話は戻って、XRPですが、他にもカナダの交換所であるCoinFieldがXRPをアルトコインの取引相手通貨として61か国以上にマーケットを展開したり、ここ最近のXRPはETHと同様に勢いがあります。
今後はXRP,ETHの時価総額2位争いに興味がわきます。個人的にはXRP押しなのでXRPにこのまま勢いを維持してほしいですね。

今回は以上です。今年も一年間どうぞよろしくお願いいたします!

しょうたのすけ

都内の大学に通う文系男子大学生。物心つく前から外貨資産投資を始め、現在もその含み損をかかえている。今は仮想通貨で一山当てて、来年の旅行の足しにするつもり

アーカイブ