2019.1.8【イーサリアムクラッシックで51%攻撃か】

2019-01-08 08:14[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン イーサリアム


通貨 BTC XRP ETH BCH* LTC
価格 434,459 16,613.1 40 17,647 4,153
前日比 ▼0.1% ▼3.0% +0.2% ▼3.1% ▼2.3%


Review

下値は堅いが上値も重い

昨日のBTC相場は三角持ち合いをブレーク後、下値は堅いが上値も重い展開となった。株や為替市場が混乱から回復したこともあり、BTC相場も年始からの狭いレンジを上抜け44万円台を付けたが、イーサリアムクラシックで51%攻撃が発生したとの噂もあり上値を重くした。ロジャー・バーらが出資する香港の交換所がBakktに似て現物受渡ながらレバがかけられるBTC・BCH・ETH先物を開始、また金融庁が金商法改正で仮想通貨ETFを認めると言ったBloombergの報道もあり43万円台半ばで底堅さを見せるが、大手交換所Bitfinexの7時間に渡るメンテを前にポジション調整気味に42万円台へ下落。しかし大きな混乱もなくメンテが終了したこともあり43万円半ばでの取引となっている。

Outlook

ポジションはロングへ

本日のBTC相場は若干上値の重い展開か。昨日、大幅な値動きが懸念されたBitfinexのメンテナンスは比較的無難に通過したが、メンテ直前に売りが入った点がやや気になる。BitMexのポジションもこの2日ほどで急にロングが優勢に転じており、利食い売りが出ても不思議では無い。材料的にはETCの51%攻撃と上記Bloombergの2つの記事と硬軟入り混じった形。ETCに関して事実関係は定かでないが、アルトコインではこうした事があり得ることはBCH分裂騒動で学習済。一方、日本のETF承認の話はやや唐突感もあり、まだ材料とはなり難いか。

FXcoin Daily Report 2019.01.08.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ