CBDCから垣間見える中国当局の意図

2019-01-10 18:19[ 松田康生

トピック 仮想通貨 暗号資産

1月8日BIS(国際決済銀行)が中銀の発行するデジタル通貨(CBDC)に関する調査報告書を発表した。この調査は世界63の中銀にアンケートしたもので、うち約70%の中銀がCBDCについて既に研究を行っているか、今後行う予定とし、約15%が今後3年以内に発行の可能性があると回答している。IMFも昨年11月に15ヶ国(地域)がCBDC発行に関心を示しているとの報告書を発表、ラガルド専務理事はシンガポールのイベントで国際社会が中銀発行デジタル通貨の可能性を考慮する必要があるとした。

CBDCとは

CBDCとは中央銀行が発行するデジタルカレンシーのことを指すが、デジタルカレンシーと言ってもSUICAなど既存の電子マネーも存在し、必ずしもブロックチェーン技術を使用したものとは限らない。BSの報告書ではブロックチェーン技術を使用するとは限定されてはいないが、中島真志氏のアフター・ビットコインによれば電子マネー技術を利用する研究は日銀などで15年ほど前から行われており、今回のこの動きはブロックチェーン技術の登場によるものと考えていいだろう。IMFの報告書はこの仕組みについてより詳しく述べていて①アカウント方式②トークン方式(中央サーバー型)③トークン方式(分散台帳型)があるとし、③の場合、PoWの問題を指摘し、中央集権的なブロックチェーンを志向している様に感じられる。すなわち、分散台帳やブロックチェーン技術を用いつつ、中央銀行が中央集権的に管理することによって、既存の仮想通貨の値動きの激しさやステーブルコインの信頼性といった問題をクリアしつつ、仮想通貨の資金決済コストを劇的に低減するというメリットを取ろうという動き、これが多くの中銀がCBDCに関心を示す理由だと考える。以前のトピックで申し上げた様に、仮想通貨なのか民間の電子マネーなのかCBDCなのか、何が主流になるかは現時点では不明だが、お金の材質が紙からデジタルデータにシフトしていく事は、法律上は現金払いが原則とされているのに殆どの人が給料振込を利用していることからも自明な動きと考える。

各国当局のスタンス

BIS報告では先進的な例としてスェーデンとウルグアイを挙げているが、その他にもカナダ中銀やイングランド銀行などが積極的とされ、IMFに続いて両行はシンガポール通貨庁と共同でCBDCを推奨する報告書を発表している。一方で日銀の雨宮理事は昨年10月の講演でCBDC発行に否定的な姿勢を見せた。理由として現在の金融システムは中央銀行と民間金融機関と言う2重構造を壊しかねない事を挙げている。要はCBDCの発行により預金や決済など民業圧迫してしまった結果、銀行が無くなってしまうと困るからという訳だ。国民の利便性と銀行の存続とどちらが大事なのか質問したくもなるが、民間銀行の信用創造機能や二重構造により日銀がラストリゾートとして機能する事を重視している模様だ。加えて、同理事は決済において取得されるビッグデータも民間で利用されるべきとも指摘しているが、ここは非常に重要なポイントと考えている。

中国当局の意図

仮想通貨業界で一時メインプレーヤーだった中国本土の投資家の再参入を期待する声は大きく、一部では中国当局が規制緩和の方向に舵を切るのではないかと言う見方もある。しかし、ICOや国内での交換所を禁止、昨年はICOなどに対する締め付けを強化している。一方で、習主席自らブロックチェーン技術の将来性を称賛し、中国人民銀行は多くのブロックチェーン関連特許を取得、南京にデジタル通貨実証に向けたリサーチセンターを立ち上げ、仮想通貨関連の人材を募集していると報道されている。この一見矛盾する様に見える動きの意図も、上記の日銀のスタンスと比較すると垣間見えてくる。すなわち、中国当局は非中央集権的な仮想通貨を排除し、デジタル通貨発行を推し進めて様としており、その理由はデータを管理するためだ。中国当局は、海外への資本流出は勿論、国民生活の隅々まで可能であれば把握しておきたいと考えているのではないか。そこが、中央銀行が個々の民間の経済活動に踏み入るべきでないと考える日銀とのお国柄の違いなのかもしれない。こうして考えると中国当局の動きは首尾一貫しており、彼らがCBDCを推進しても、既存の仮想通貨に対する規制を緩める気が無いことは、いつまでたっても人民元市場がドル円の様な普通の変動相場にならないことと同じであろう。

松田康生 (まつだやすお)

営業推進部 部長代理

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通
twitterアカウント:@FXcoin_matsuda

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会