2019.1.28【米政府閉鎖暫定解除したが、、、】

2019-01-28 08:19[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC XRP ETH BCH* LTC
価格 387,464 34.0 12,576 13,567 3,621
先週金曜対比 ▼0.6% ▼1.8% ▼1.9% ▼6.0% +3.6%

 

Review

閉鎖解除も40万円届かず

週末のBTC相場は横ばい推移。3週間の暫定措置ではあるが米政府閉鎖が解除されたものの40万円トライに失敗。その後はやや軟調に推移した。ダボス会議で仮想通貨に対する様々なコメントが出る中、39万円近辺でやや軟調に推移していたが、元GSノボグラッツ氏の大口ファンド計画の報道や、しばらく沈黙していた人気アナリスト、トム・リー氏の25千ドル予想、米政府の閉鎖解除でじりじり値を上げ、マネックスの松本社長の仮想通貨への強気のインタビュー記事もあり上昇も39.5万円まで。その後は、リップル社の代四半期の決算が振るわなかったこと、R3でMD2名が退社したとの報道など、仮想通貨業界で比較的調子が良いとされる両社のネガティブなニュースもあり値を下げている。

Outlook

材料難に

本日のBTC相場は揉み合い推移を予想する。米政府閉鎖解除後の値動きはやや意外だった。為替市場ではドル売りとなったこと、既にETFは取り下げられており、Bakktに期待は移るがそのめども立っていないことが反応が少なかった主因か。その結果、閉鎖解除を期待していたロングポジションの投げが出た格好で、ロングポジションは若干減ってきている。ただ、目立った材料がやや出尽くし感もあり、動意の少ない展開が続くか。

FXcoin Daily Report 2019.01.28.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ