2019.1.31【SWIFT R3と提携】

2019-01-31 08:20[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン ビットコインキャッシュ リップル


通貨 BTC XRP ETH BCH* LTC
価格 372,756 34.5 11,838 12,782 3,459
前日比 +0.5% +9.0% +2.4% +4.9% +1.9%

 

Review

買い材料あらわる

昨日のBTC相場は小幅反発。米政府閉鎖解除後の軟調な展開の中、年初来安値を更新したBTC相場だが、Bitpoint親会社のSTO参入準備やGeminiが交換所として初めて大手会計事務所デロイトのセキュリティーテストに合格した事、フィデリティ―が3月にカストディーを開始するとの報道もあり堅調さを取り戻す展開。2週間前に被害にあったNZの交換所でまたハッキングが報告されると上値を重くしたが、LINEの子会社にLVCに野村證券が出資、またJPMがブロックチェーン技術のトレードファイナンスへ応用を有望としていたところにSWIFTがR3の提携を発表するとXRPが急騰したこと、また5月に予定されるBCHのアップデートの内容が革新的だと好感されたことなどもあり堅調に推移している。

Outlook

トレードファイナンスのブロックチェーン化は不可避

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。ETF取下げや米閉鎖解除以降、材料難だったBTC相場だが、昨日からいくつか買い材料が出て来た。ひとつはカストディーの整備、もうひとつはトレードファイナンスのブロックチェーン化だ。以前よりトレードファイナンスこそがブロックチェーン応用の最有力分野でその分野でトップを走るR3とリップル社の提携はXRPの需要を飛躍させるとご紹介したが、SWIFTのR3との提携は既存の伝達システムの機能向上を目的とするが、トレードファイナンスのブロックチェーン化も睨んだ動きなのかもしれない。

FXcoin Daily Report 2019.01.31.pdf

 

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ