2019.2.26【XRPが念願のコインベース上場】

2019-02-26 08:22[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン リップル


通貨
BTC
ETH
XRP
LTC
BCH*
価格
423,635
15,428
36.5
5,114
15,089
前日比
+0.9%
▼1.5%
+7.9%
+1.6%
+1.8%


Review

半値押し

昨日のBTC相場は急落後、小反発。底値を固める展開となった。Twitterでの投げ銭機能など好材料が続いたBTC相場だが、今月末頃とされるアップグレードを前にしてETHが上昇を始めると連れ高、レンジを切り上げたものの、この過程で蓄積したロングの投げもありフラッシュクラッシュが発生、市場実勢と大きく乖離し取引を一時停止する取引所も見られた模様。ただ、この過程で多くの投げ売りが出た結果、その後はじりじりと値を戻す展開。米政府の協力で2年半前に盗難されたBTCがBitfinexに返還、またBinanceのトークンセールが22秒で完売するなど好材料にも恵まれた。米コインベースよりXRPの上場が発表されるとXRPが急騰、BTCも43万円近辺まで上昇したが、バフェット氏の懐疑的な発言が伝わった事もあり上値を重くしている。

Outlook

メイ首相は瀬戸際作戦?

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。昨日申し上げた通り、BTC相場は下値を固めて小反発、XRPの急騰もあり半値戻しの43万円近辺で一旦跳ね返された形。期待先行の買いが振り落とされたが、好材料もありレンジを切り上げた格好か。6月の報告書に向けたDraftでFATFも資産として定義した上でマネロン対策にあたる様に指示しており、もう妄想などと言っていられない段階に来ている。英離脱案の採決が再び延期され混迷を深めている。一説にはメイ首相が瀬戸際作戦に出ているとの見方もあり逃避買いが出る可能性が高まっている。


FXcoin Daily Report 2019.02.26.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ