2019.2.28【イーサリアムのアップデートは明日朝5時頃】

2019-02-28 08:30[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン イーサリアム


通貨
BTC
ETH
XRP
LTC
BCH*
価格
414,876
14,760
34.4
4,965
14,536
前日比
▼1.1%
▼3.3%
▼2.9%
▼1.4%
▼2.2%

 

Review

朝方急落も反発

昨日のBTC相場は揉み合い推移した後、今朝方値を下げる展開。JPモルガンのダイモンCEOがJPMコインが消費者へ拡大する可能性を指摘、スイスの大手プライベートバンク、ジュリアス・ベアがカストディーサービスなどを手掛けるSEBAへの出資を通して仮想通貨業界への参入を表明、ロシアの政府がより良い仮想通貨関連規制の整備を7月までに行う様求めた。一方でWSJは主催したCIO会合の参加者のコメントとして大手企業がブロックチェーンを採用するのは時期尚早と報じ、米当局がMy Big Coin Payの関係者を詐欺容疑で逮捕するなど硬軟材料が交錯したが市場の反応は限定的。その後、昨日から話題となっていた英議会が首相の提案した離脱延期に向けた採決スケジュールを可決したタイミングで急落を見せたが、すぐさま切り返し、下値の堅さを印象付ける形となった。

Outlook

アップデート待ち

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。いよいよ合意なき離脱による逃避買いの期待も後退し、仮想通貨相場は手掛かり難となった。ただ、今朝方の急落はETHが若干先導しており、アップデート期待の買いに対する直前のSell the fact的動きと見ているが、その後のリバウンドで底値の堅さを印象付けた。日本時間の明日朝に予定されるアップデートを無事通過すれば、若干の安堵買いもあるか。3月はアノマリー的に売りが強く、上値も重い展開が続こう。

FXcoin Daily Report 2019.02.28.pdf




松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ