2018.8.17 【70万円を挟んでの揉み合い】

2018-08-17 08:17[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産

【70万円を挟んでの揉み合い】



通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 697,916 31,648 32.1 57,778 6,106
前日比 ▼1.7% ▼1.4% +0.1% +0.2% ▼1.9%

Review

売り買い交錯

昨日のBTC相場は70万円を挟んでの揉み合い。CBOE8月限清算値決定後、急落するも69万円前後でサポートされ、その後は272万円をトライするも失敗。しかし69万円近辺で底堅さも見せている。引き続きスペック勢の戻り売りの推奨など聞かれる一方で、大口の買いも噂されており売り買い交錯しているイメージで、出来高も相応に保っている。欧州でビットコインETNを発行しているCoinshareが米ドル建て商品も発行するとしたことやダン・モアヘッド氏率いるヘッジファンド・パンテラが新たに175百万ドルのファンドを立ち上げるとしたこともサポートとなったと思われる。


Outlook

好材料続く


本日のBTC相場も引き続き上値余地を探る展開を予想する。最悪期は脱したものの、半値戻しの73.5万円手前で戻され、まだ予断を許さない状況が続いている。市場では投機筋の年初来安値の下抜けを期待する声も多く聞かれ、上値が重い展開が続いている。但し、一昨日のCBOE経営陣の発言に続き、米ドル建てETNの発行、新たなファンドの立ち上げなど明るい材料が続いており、CBOEETF承認延期で下落した半値戻しの73.5万円を上抜ければ、ショートの巻き戻しが加速しよう。


FXcoin Daily Report 2018.08.17.pdf



 

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ