2019.3.11【日経、コインチェック事件は北朝鮮が関与】

2019-03-11 08:45[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン イーサリアム リップル


通貨
BTC
ETH
XRP
LTC
BCH*
価格
432,722
15,233
35.0
6,336
14,808
先週金曜対比
+0.6%
▼1.9%
▼0.8%
▼1.5%
+0.0%

 

Review

北朝鮮絡み

週末のBTC相場は下に行って来いの展開。目立った材料も無い中43万円近辺で動意ない展開を続けていたが、日経が国連報告をスクープ、北朝鮮が経済制裁を逃れる手段としてサイバー攻撃を強化、コインチェック事件を含む571百万ドルの被害を出していると報道。当初は犯人が見つかったとして好感されたが、翌朝の朝刊では報告書は追跡が難しく、規制も緩い仮想通貨のサイバー攻撃について北朝鮮に制裁回避手段を与えているとされ、また読売で仮想通貨交換所と顧客の間を取り持つ無登録の仮想通貨交換代行業者FORBESが脱税で摘発されたとの記事もあり42万円割れまで急落するも、すぐさま反発、底値の堅さを見せている。フィデリティ―の一部サービス開始が報じられているが、1月末に発表された試行運用の範囲を出ていない模様。

Outlook

44万円近辺の売り圧力

本日のBTC相場は引き続き上値も重いが下値も堅い展開を予想する。国連の報告書は今後こうした事件の何らかの牽制になる可能性があり若干はプラスか。いずれにせよ42万円の反発を見ても地合いは好転している。Weekly Reportでご紹介した通り、その背景として出来高の回復が指摘される。44万円近辺でのやれやれ売りを捌ければ更なる上値追いも可能と見る。上昇余地の大きいXRPやアップデート関連の好材料が続くETH辺りが次の相場の牽引役候補だと考えている。

FXcoin Daily Report 2019.03.11.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ