急騰後のビットコイン相場~傾向と対策

2019-04-03 20:36[ 松田康生

トピック 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン ビットコインキャッシュ イーサリアム ライトコイン

昨日、BTC相場が2割近く急騰、一旦は落ち着きを見せたが、本日になってアルトコインが追随して大きく上昇、BTC相場も勢いを戻している。前日比でETHは約1割、LTCは約2割、BCHに至っては約4割上昇している。こうしたBTCとアルトコインが相互に牽引し合う好循環な相場展開が見られている。この上昇の背景には本邦における仮想通貨市場マインドの変化が影響しているのはお伝えした通りだ。コインチェック事件以降、信頼回復に向けた官民一体とした取組により、ようやく日本における仮想通貨に対するイメージが好転しつつある。4月からの11回にも及ぶ研究会を踏まえた、315日の資金決済法・金商法の国会提出と25日のディーカレットの新規申請先としては初の登録認可は日本の仮想通貨業界の潮目を変える動きだった。まだ警戒は緩めないが(そもそも新法で規制は強化される)、ブロックチェーン社会の実現に向けて前向きに進んでいこうという雰囲気になって来た。そうした中でのBTCの急騰は、世間の仮想通貨への関心を引き立て、弊社情報サイトでも普段は見られないほどの閲覧を頂いている。

弊社サイトを訪れて頂いた人の多くが知りたいのは、まずはBTC相場が上記の通り急騰した理由だろう。3月半ばからの記事をご覧いただければ、如何に弊社が的確にこの上げ相場を予想していたかご理解いただけるだろう。しかし、次に知りたいのは、ではこのBTC相場が今後どうなっていくかだろう。弊社では、今回の相場上昇はやや急すぎで、期待というかイメージ先行な部分が見受けられる。今は仮想通貨口座を持っていたがずっと放っておいた人が、どうやら底を過ぎたなら、また買ってみようか、もしくはここから買ってもいいのか悩んでいるイメージではないだろうか。そうした買いが一巡すると、この相場は一旦調整すると考えている。本当に強い相場は、今まで仮想通貨を触ってこなかった人まで口座を開こうとする展開で、それにはまだ時間がかかると考えている。

そこで、今回の様にBTCが大幅に上昇した後の展開がどうなったか過去のデータから調べてみた。先日ご紹介したアノマリー分析だ。2015年以降BTC相場が前日比で15%以上上昇したのは今回を合わせて10回あったが、上昇した日(正確には翌日)から1日後、2日後、3日後、1週間後、1か月後の騰落率を計算した。それぞれの時期の相場の地合いもありまちまちな動きだったが、平均すると1日後が-1.8%、2日後が-4.1%、3日後が-0.1%で1週間後に+3.1%とプラスに転じ、1か月後には+22.4%の上昇となっている。データの正確性にやや疑問が残るが20119月以降で見ると、前日比15%以上上昇した日は50日、その平均は、1日後-2.4%、2日後-7.7%、3日後-7.5%、1週間後+3.2%、1か月後+9.9%と同じ傾向が伺える。もちろん個々のデータはその時々の事情があるのだろうが、全体を均して見ると、前日比で急騰した後は流石に数日間反落し易いが、それだけの上昇を見せたという事は市場の地合いは良く、1週間後、1か月後には上昇し易いという解釈が成り立ちそうだ。

今後の展開としては、今回の高値57万円近辺を何度かトライし上値の余地を確認した後、一旦は反落する局面があると考える。下押しの目途としては今回の上昇の半値押しの52万円近辺に200日移動平均線があり一旦のサポートか。もしくは2月からの上昇の半値押しでレジスタンスだった46-7万円がサポートとなろう。その後、57万円の上値更新に向け反騰、昨年同様GWないしBCHがアップデートを行う515日頃にピークを迎えるイメージでいる。

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会