BTCの値動きは予想通り ただしXRP,ETHは上値が重い

2019-05-07 09:21[ しょうたのすけ

現役大学生の暗号資産(仮想通貨)取引奮闘記 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン リップル


こんにちは!
皆さんはどのようにGWを過ごされたでしょうか?

僕個人としては、今までは休みのありがたさをそこまで感じていなかったのですが、ここ最近新しいアルバイトを始めたため忙しくなっています。そして祝日、ひいては土日のありがたみを実感しています。今は近づく土日の休みに歓喜し、迫りくる月曜日に恐怖する日々を過ごすようになりました。
大学に入学したときは学年が上がるにつれてどんどん楽な(ぐうたらな)生活になると思っていましたが、今が大学に入ってから一番忙しくなって驚いています。
と言っても、週5日のフルタイムで働いているわけでもないので社会人になってやっていけるのか少し不安にもなりました。とりあえずGWは思いっきり休んでリフレッシュしました。

それでは本題に入りましょう!

GWで休暇をいただいたので今週は2週間分です。

先週は迫りくるBTCの上昇に備えてポジションを温めていましたが、ついに60万円を突破してグッとあがりましたね!これを待っていた!!!という感じでガッツポーズしてしまいました。
前回ここで「BTCはもうすぐ60万円に到達し、到達した後は一瞬跳ねて62万円ぐらいになった後、反動で58~59万円くらいまで戻され、その後また59万円付近で推移すると予想している」と書きましたが、ほぼ予想通りに動きました。相場が予想通り動くと、嬉しくなっていろんな人に自慢したくなります。
最初の63万円で売り抜けはできませんでしたが61万6000円で保有しているBTCの半分を売り払い利確しました。その後58万円台で再度購入。その後、58~59万円付近で推移するも再びじわじわと上昇し再度63万円越えとなった時点で売ることができました。BTCに関しましては大勝利です!

今の値動きを見ていると、一時的な下押し(4月26日56万円台まで下落)があっても、数日で60万円を回復していることから、市場参加者のBTC買い意欲は旺盛で今後も底堅い動きとなるのではと見ています。
今月中に68万円台までは上昇すると予想しています。

しかし、ETHやXRPに関しては下降後に反発はなく低い価格で推移しています。この2つに関しては大敗してはいないものの含み損状態が続いており、ETHは17000円、XRPは32円を下回ったらロスカットしようと思っています。

ここからは2週間分の気になったニュースです!

「ナスダックが仮想通貨の模擬取引を試験的に開始」(Coinpostなど複数 4/24)

内容は以下。
  • ・世界最大規模の証券取引所であるナスダックが仮想通貨の模擬取引実施を確認
  • ・確認された取引ペアはBTCとLTC
  • ・今後さらに金融界から仮想通貨に注目が集まる可能性がある。

期待が膨らむビッグなニュースが出てきました。ライトコイン財団の創設者もBTCとLTCの取引ペアがテストシンボルとして加えられていることを指摘しており確かな情報となっています。
他にも、5月上旬にナスダックがXRPベースのインデックスを発表しています。大きなマーケットである米国が仮想通貨への関心を高めてくれることは非常に嬉しいですね。
現在海外の取引所によっては仮想通貨でナスダックの株が買えたりするらしいです。日本でもTポイントで株が購入可能になるらしいですがいずれ仮想通貨でも可能になりそうですね!

「バイナンスがシンガポールで取引所を新設 まずはビットコインのみ取り扱い」(Cointelegraph 4/25)
内容は以下。
  • ・大手仮想通貨取引所Binanceがシンガポールに取引所を開設。
  • ・シンガポールドルによるBTC/SGDの1種類のみのペアを提供。
  • ・サービスは同国の決済サービス「Xfers」と連結。

Binanceは以前から法定通貨建ての取引所を開設すると宣言しており今回はその宣言達成のための1つとなりました。BinanceのCEOは10ほど法定通貨建ての取引所の建設を目指しており、近い将来日本にも円建ての取引所ができるかもしれないですね!
現在日本国内でもすでに多くの取引所があります。その中にBinanceが参入してくるとなると、国内の取引所でも競争が激化しそうです。

「世界初のブロックチェーン都市が誕生か」(Coinpost 5/1)
内容は以下。
  • ・世界初の現金利用禁止の仮想通貨の決済のみを受け付ける都市の建設計画が進行している。
  • ・場所はマレーシア港湾都市のマラッカという町。
  • ・中国政府が支援しBI社やDMI社が参加している。

これはまた面白い話が飛び出してきましたね。なぜ、中国が支援しているのか?というのは国内で仮想通貨を禁止されているから海外で実験している等の様々な憶測があるらしいですが、現状海外では中国のように仮想通貨でなくても事実上ほぼ完全にキャッシュレスになっている国は多いようです。

僕個人としては日本でキャッシュレスが浸透しない理由として、上の世代がクレジットカードや目に見えないお金での決済について使いすぎるのではという警戒感が強かったり、小売りの側も手数料のかかるクレジットカードなどの決済に消極的だったことがあげられます。また日本は治安が良いため現金を持ち歩くリスクが他の国比べて低いということもあるんじゃないかと個人的に考えたりしています。(現に僕は一昨年ニューヨークのタイムズスクエアを観光したときに、いろいろあって、手持ちの現金をすべて取られたことがあります。)

「アメリカの税還付金がBTC受け取り可能に」(Coinpost 5/2)
内容は以下。
  • ・税金関連のプロバイダRefundo社とウォレットを提供するBitpay社が提携しCoinRTという新サービスを立ち上げ。
  • ・アメリカオハイオ州で導入の見込み。
  • ・アメリカでは銀行口座を持たない家庭もあり普及が見込まれる。

これまた日本ではあまり想像できないようなことが起こっています。ただ、国が税を還付するために資産としての仮想通貨をオンライン上に保有するということは、ハッキング等の対象として狙われやすくなるというリスクも隣り合わせになりますね。それこそハッキングされようものなら匿名性が仇となり、追跡は困難になることは過去の事例から容易に想像がつきます。

日本ではこのような国からの還付などが仮想通貨になるのは当分先のことでしょうが、募金等は仮想通貨で募集し始めるかもしれませんね。

今週はここまでです!
来週もよろしくお願いします!

しょうたのすけ

都内の大学に通う文系男子大学生。物心つく前から外貨資産投資を始め、現在もその含み損をかかえている。今は仮想通貨で一山当てて、来年の旅行の足しにするつもり

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会