BTC相場上昇の裏側

2019-05-13 21:00[ にく

仮想通貨小噺 ビットコイン 仮想通貨 暗号資産

携帯のガラスが割れました。以前からひびが入っていたのですが、それが酷くなり、気付くと細かいガラスがかけ始めています。小さい子供を持つ親としては、このまま放っておくことはできませんし、そもそも画面が見にくくて困ります。そこで土曜日にショッピングモールに買い替えに行きました。契約しているA社の窓口に行くと、修理は可能だがiPhoneの場合、預かり修理で、その間の代替機はありませんとのことだったので、断念しました。機種もだいぶ古くなっていたので機種変更で乗り切ろうと考えました。すると、前の人がいるので今日中に渡せるか分からないし、予めデータのバックアップを自分でやってくれとのことです。実は、そう思って自宅のPCを立ち上げようとしたところ、これまたハードディスクが壊れてしまったのか立ち上がらず、断念していました。もしかすると電器量販店ならと思い2階に上がると、こちらもデータ移行はご自分でとの回答。この時は、既に、朝一のお医者に行き、帰ってから子供たちをトーマスのミュージカルに中野に連れて行き、せっかく都内に来たからと四谷のおもちゃ美術館に行ってから疲れ切っていたので、それから家に帰ってWiFiに繋いでバックアップを取るなど考えられず、量販店での購入も断念しました。

ただ、そこでN社ならお店にデータ移行する機械があって自分で簡単に出来ると聞き、翌日N社に行くことにしました。丁度、車で数分の道路沿いに駐車場付きのショップがあってキッズコーナーも充実していたから、朝一で尋ねよう、そう思っていました。家内に相談すると、そこは無茶苦茶混んでいるそうで、予約なしに行くのは無謀だそうで、急遽夜中にオンライン予約をすることにしました。ところが予約するのにはアカウント登録が必要で、指示されるままYahoo IDで登録しようとするとIDかパスワードが間違っていた様で、Yahoo IDがロックされてしまいました。すると、Yahooアドレスのメールが見られなくなり、それ以外の作業が全くできなくなってしまいました。最近の手続きはだいたい登録したアドレスにメールを送って確認するからです。夜中に一人青ざめながら、何とか修復に成功したのですが、そこまで苦労して調べたN社の予約は1週間先まで一杯でした。

個人的に昔からこうした手続き類はあまり得意ではありません。というか不得意です。そんな自分が銀行員になったのは人生最大の過ちだったのかもしれません。幸い、市場部門に異動して書類の山から解放されましたが、住宅ローンや担保物件の書類の山など本当にストレスで、独身時代に川口にマンションを購入した時は本当に大変でした。銀行時代は自己勘定での外為取引が禁じられていたので、退職後に証拠金取引の口座を開けるのに苦労した覚えがあります。運転免許証の画像が不鮮明だとか、住民票を取って来いだとかで、取引を開始するのに3週間くらいかかった覚えがあります。すなわち、まずネット上で簡単な登録をする、次に本人確認資料とか投資経験とか重要事項説明だとか結構重たい質問などに回答、業者側で資料のチェック資産状況などのスクリーニングを行い、口座開設基準に適合するならば、郵送で本人確認を行う。これが本人限定受取郵便だったりすると家族でも受け取れないのでサラリーマンにとっては大きな関門です。それで受け取れない、再送する、郵便局に取りに行くなど結構時間がかかるケースがあります。それで本人確認が出来れば晴れて取引開始ですが、その前に銀行から資金を振り込まなければいけません。準備が出来ても、システムに慣れるまでは少額でトライアルから始めたりするので結局、サラリーマンなら口座を申し込んでから本格的に取引を開始するまで2週間から1か月くらいかかるのが普通ではないでしょうか。

何が言いたいかというと、3月25日にYahoo傘下のTAOTAOの口座受付開始、マネーパートナーズと大和証券による新交換所設立、みなし業者だった楽天ウォレットの登録認可、もう一つのみなし業者LastRootsのオウケイウェイブ連結子会社化、そしてディーカレットの新規登録申請業者として初めての認可など本邦交換所に関する好材料が相次ぎ、本邦交換業者を巡る状況に変化が見られました。その後、各社は新規キャンペーンなどPR活動を活発化している模様ですたが、実際に新規顧客のフローが市場に入ってくるのには時間差があるという事です。4月後半からの市場の強さの背景にはこうした事も一部追い風になっている可能性があります。これはあくまで推測で、実際の真偽は自主規制団体による統計情報を待つ必要があると思いますが、新規顧客はBTCの買いから入る可能性が高いと考えられ、BTCだけがやたらと強い状況とも整合的です。また、現時点でこの強さであれば、新規顧客が本格的に参入すれば更に買いが入る可能性があると思っています。

ところで、例の携帯がどうなったかというと、家内がふとガラスの修理だけなら、いつも行くスーパーの隣に修理屋があるよと教えてくれました。最初からそれを教えてくれよと思い、朝一で訪れると、たった30分で直してくれました。N社の待ち時間にもなりません。お陰で、その日は横浜に出来たアソビルの新感覚のキッズスペースPhuChuと今話題のう〇こミュージアムに行くことが出来ました。中では大声でう〇こと叫び、声の大きさでゾウとかキリンとか動物のう〇こか画像が出るアトラクションもありました。小職は哺乳類最大のシロナガスクジラでした。皆さんも、さっさと手続きを済ませて空いた時間に行かれてみてはいかがでしょうか。

にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ