2019.5.17【ビットコインはピークを付けたか?ETH、LTCに達成感】

2019-05-17 08:31[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン



Review

上昇一服

昨日のBTC相場は上値圏での揉み合い。91万円台と高値更新に成功するも、その後、失速している。90万円台乗せに成功した後、SECのETF承認判断延期もあり83円台に値を下げていたBTC相場だが、ETHの上昇もあり切り返すと、再び高値をトライする展開。注目のBCHのハードフォークでバグが発生したものの、早期に解消した事が好感されBCHが上昇するとBTCも91万円乗せに成功。ただ、目立った材料も無くこの水準を維持できず反落を始めると85万円台まで値を落とした。昨年8月に世銀が発行した世界初のブロックチェーン債をアレンジした豪コモンウェルス銀がセカンダリー創設にも協力するとの報もありETHが上昇すると、BTCも88万円台まで値を戻すも、ETHが3万円乗せで反落、またPoloniexがLSKを含む9通貨の米国内での販売を取り止めた事などもあり84万円台に値を下げた。

Outlook

ロングポジション溜まり始める

本日のBTC相場は引き続き上値の重い展開を予想する。一昨日に循環物色はBTC→LTC→BCH→XRP→ETHの順番に起こる傾向があると申し上げたが、昨日は第2ラウンドを1日で一巡させたイメージ。水準的にもBTCは7月の高値、LTCは100ドル、ETHも3万円と一旦は達成感が出るレベル。材料的にも、ここ数日はETF延期、クリプトピアの破産、BCHのバグとネガティブなものが多く、もう一段の上昇には材料不足か。80万円台半ばでの押し目買いのポジションが溜まってきており、相場は一旦調整するか。

FXcoin Daily Report 2019.05.17.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ