2019.5.22【元自称サトシ、今度はホワイトペーパーの著作権を申請?】

2019-05-22 08:32[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 883,244 28,801 44.3 46,723 10,162
前日比 ▼0.6% +3.2% +0.6% +2.8% +0.3%



Review

久しぶりに落ち着く

昨日のBTC相場は上値圏での揉み合い。久しぶりの落ち着いた展開となった。有望視されているVanEck分のETFの否認懸念で90万円代から83万円台へ下落し、結局、否認でなく延期だったことから89万円台へ値を戻していたBTC相場だが、ETFの延期自体は買い材料でも無い事、またこのETFが承認されるとの期待も一部にはあった事から86万円台へ値を下げた。しかし、金商法や資金決済法の改正案の衆院通過が伝わると下げ止まり、元自称サトシのクレイグ・ライト氏がBTCのホワイトペーパーやオリジナルコードなどを著作権登録、BSVが急騰するとBTCも連れ高となった。BTC売りとなっても不思議では無かったが、著作権の登録は出願すれば受理される事、登録されたからと言って実害はあまり無いとの見方も同時に出回っていた。CBSの60MinutesやNHKニュースに続き、WBSでもBTC上昇が報じられた事も支援材料となったか。

Outlook

上値トライが難しい理由

本日のBTC相場は上値の重い展開を予想する。昨日は上値が重く、下値も堅い、狭いレンジでの取引に終始した。上抜けするにも、下押しするにしても、若干、手がかり難か。ただ、市場は本気で材料視していない模様だが、クレイグ氏の行動はやや気になる。事実関係が明らかになるまでは、上値トライは難しいと思われる。90万円近辺で上値を確認すると、ロングポジションが積み上がっている事から、市場は下値の目途を探りに行くのではないか。

FXcoin Daily Report 2019.05.22.pdf



松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ