2018.8.31【アルト主導の下落で一時75万円台】

2018-08-31 08:00[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 bitcoin



通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 772,504 31,578 37.3 59,873 6,699
前日比 ▼1.7% ▼2.3% ▼3.0% ▼3.1% ▼2.7%

 

Review

アルトコイン主導で下落も朝方戻す

昨日のBTC相場は反落。前日の下落局面で77万円台で底堅さを見せると再び上値トライするが、材料難に79万円手前で失速。午後には入りXRPやETHが急落、その後、BCHが下げ始めるとBTCも値を下げ始め、77万円を下抜けると売りが加速、75万円まで下落した。朝方、今回の下げを主導したアルトコインが切り返すと77万円台に値を戻している。注目のバンコクでの会合だがBitcoin SVが 5割以上のマイナーの支持を得たとの報道があった。しかしSV派からの報道であり真偽は不明ながら、ハッシュパワー争奪戦、BTCのマイナーのBCHへのシフトといった発想からBTC市場にも影響が見られ始めた。XRPは加州の2件の訴訟が合同で審議されることとなり、担当する判事がリップル側に有利になる可能性が出てきた模様。

Outlook

CME先物8月限最終日

本日のBTC相場は上値余地を探る展開を予想する。昨日はアルトコインの売りで75万円を付けたが、ここまでの上げスピードが速かった事と80万円トライには材料不足だったことで、下げトレンドに展開した訳ではないと考える。BCHの分岐騒動に関しては未だ不透明で、仮にBitmain率いるABC側が劣勢に立てば、彼らの持つBTCのマイニングパワーをBCHに振り替えるなどの対応が考えられ予断は許さない。ただ、アップデートの11月まで時間があり、すぐに混乱に陥るといった話ではない。本日はCME先物の清算日で買戻しが出ると考える。

FXcoin Daily Report 2018.08.31.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ