2019.6.4【87万円台へ急落。メンテ前のポジション調整か?】

2019-06-04 08:32[ 松田康生



Review

朝方の下落はメンテ前のポジション調整か

昨日のBTC相場は目立った材料が無い中、上値の重い展開となった。先週末にクラリダFRB副議長が米利下げの可能性に言及した事もあり99万円近辺まで上昇後、87万円台まで急落したBTC相場だが、SECヘスター議員の発言もあり半値戻しとなる93万円を上抜けると95万円台まで値を上げた。FBがトークン発行に向けCFTCと対話を始めているとの報も好感されたが、日米欧の銀行が新たな電子決済を目指すとの報はXRPなどの上値を重くした(XRPはその後一時上昇する)。目立った材料が無い中、93万円を割り込むとテクニカル的にやや重い形となり90万円台まで急落したが、米10年債金利が急落するとBTCは反発。その後、GAFAに対する反トラスト捜査懸念などもありBTCも値を下げるも、米債金利が再び低下した事もあり90万円でサポートされたが、BitMEXのメンテナンスを前のポジション調整もあって88万円まで急落している。

Outlook

売り材料が出た訳でない

本日のBTC相場は下値を固める展開を予想する。先週の乱高下の半値戻しとなる93万円を上抜けて、全値戻しかと思われたBTC相場だが、目立った材料が続かず93万円を割り込むと、BitMEXのメンテを前に87万円台まで急落した。市場では1週間で25bp低下した米債金利が話題となっているが、米時間はBTCの買い材料となる一方、アジア時間はドル売りで人民元や韓国ウォン安が止まりBTC買いにはならなかった。ただ、売り材料が出た訳でなく単なるポジション調整と思われ、売りが一巡し下値を固めれば、再び上値を追う展開になろう。

FXcoin Daily Report 2019.06.04.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ