• TOP>
  • コラム>
  • リップル社とMoneygramが提携、XRPは50円を突破

リップル社とMoneygramが提携、XRPは50円を突破

2019-06-24 19:47[ しょうたのすけ

現役大学生の仮想通貨取引奮闘記 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン リップル



こんにちは!

先週は梅雨らしい一週間になりました。今ままでは梅雨で天気予報が雨でもなんだかんだ曇りで雨が降ってもパラパラとでしたが、かなり雨が降っていた印象です。ニュースによると今年の梅雨は例年よりも長引くということで、梅雨が終わってしまうと本格的な夏が始まり蒸し暑くなってしまうのでそれはそれで嫌ですが、雨がずっと降っているのも嫌という何とも言えない気持ちです。

さて、本題に入りましょう!

今週も先週に引き続き終始上昇している相場でしたが、なんといっても日本円で100万円を突破、そして1万ドルのラインを超え軒並みの通貨が年内最高値更新する記録的な一週間でした。

個人的には100万円を超えたら少し過ぎた後反落すると思っていたのでまたしても103万円くらいで保有BTCの半分を売却しましたが、その後も躍進し、1万ドルにタッチするまで上昇し続けると思いもう一度再購入するという先週と全く同じ取引の様態でした。その後BTCが1万ドルラインをタッチしましたが、今回は100万円突破時の例に倣い、そのままポジションを保有しています。しかし、執筆現在は少し落ちてきている雰囲気もあるので100万円をわったら半分ロスカットしようと思います。

この100万円と1万ドルという2つの基準においてどちらがより相場のターニングポイントとして意識されるのかと思いましたが、BTCにおける通貨別取引量を調べてみると約60%がUSDTを占めてダントツのトップでありJPYがBTC取引において占める割合は4-5%前後となっていました。と、するならばやはり1万ドル突破のラインを意識した方がよさそうですが、JPYでの取引量も馬鹿にはできないと思いました。

ここからは今週の気になったニュースです。

「MoneygramがxRapidの利用を発表」(6/18 Ripple)
内容は以下。
・リップル社とMoneygramが正式に提携を発表
・XRPの好材料となり値段が50円を突破
・リップル社のCEOは今回の提携に大きな期待感を示す

2018年にMoneygramがリップルネットの参加に入ったこと、xRapidの実装実験を行ったことなどを加味すればこうなるのは時間の問題だったとことは言うまでもないことだったのかもしれませんが遂に正式な提携発表が行われました。
これに伴いRipple社の公式の発表には「今回の提携によりXRPは依然として世界で最も効率的なデジタルアセットであり、取引手数料や取引完了にかかる時間を加味してもトップレベルである。」と宣言しており、世界でもトップレベルの送金を手掛けるMoneygramとの提携は、業界に大きなインパクトを与えることは間違いないでしょう。

個人的にも、久々にXRPの価格にかなりの影響を与えるポジティブなニュースが舞い込んできて非常に嬉しく思います。今回の提携は2年間の期間付きの契約であり、この期間中、リップル社はMoneygramの株式と引き換えに資本の提供をすることとなります。
これからもリップル社およびXRPの使われる範囲が広がっていきそうな非常に期待の持てる提携を見守っていきたいです。

「Facebookがリブラの事業計画を発表」(6/19 Coinpost)
内容は以下。
・FacebookがCalibra詳細を開示
・合わせてLibra.comも公表
・目的は「数十億人が利用できる仮想通貨」

こちらも以前にFacebookが独自の仮想通貨を発行すると言っていた、その仮想通貨の詳細の公表となりました。今回のLibraという仮想通貨の開発には「move」という新たな安全性やセキュリティを重視したプログラミング言語になっており、過去の事例を参考にしていると言われています。
また、ウォレット兼決済アプリであるCalibra.comも同時にリリースしLibraの流動性の向上を目的にしています。そして、非営利団体であるリブラ・アソシエーションを設立し、VisaやMaster、Coinbaseなどが参入しており、アソシエーションの維持にも努めています。
ローンチ予定は2020年上半期を目標にしているそうです。

今後この通貨をどのように使わせてくるかが非常に楽しみですが、近年独自通貨を発行する会社が増えてきており、複雑化してしまわないかと心配でもあります。独自通貨の発行もいいですが、既存通貨の使用範囲ももう少し広がってほしいと願うばかりです。

今週はここまでです!来週もよろしくお願いします!

しょうたのすけ

都内の大学に通う文系男子大学生。物心つく前から外貨資産投資を始め、現在もその含み損をかかえている。今は仮想通貨で一山当てて、来年の旅行の足しにするつもり

アーカイブ