元為替ディーラーの取引備忘録 2019.7.27-2019.8.2

2019-08-02 21:26[ シュレック

元為替ディーラーの取引備忘録 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

―なんかもうちょっと調整がありそうで下がらないですね。かと言ってすぐに150万円目指しそうにはないですしね。①
―為替をやっていた当時は、仲間内でよく耳にした愚痴があります。相場が動かないときは、全然動かないと嘆き、動いたら動いたでなんなんだよこの動きと嘆いていました。どっちやねん。と②
―でもやはり相場は動いてくれないと収益チャンスは生まれません。③
―自分の中では取引は大きく分けて2種類あるのではと思っています。トレンド追随型とレンジ型です。
―トレンド追随型は買われれば買いでついていく。売られれば売りでついていくわけです。買われすぎだとか、売られすぎだとか考えません。とにかくシンプルに買いは買いで、売りは売りでという戦略です。④
―レンジ型は、相場の幅をある程度予想して上限に近づけば売るし下限に近付けば買うわけです。
―相場の幅を予想するのは難しいです。例えばビットコインの相場では目先90万円から130万円のレンジを想定するとします。相場が90万円に近付いてきたら買い進めるわけです。130万円に近付いたら売るわけです。それを繰り返していくわけです。
―相場が荒れていないときは、レンジ型が上手くいき相場の変動が激しくなればトレント追随型が上手くいくといわれています。
―私は、器用ではないので二刀流はできません。気持ち的には買われれば買い、売られれば売りタイプですね。⑤
―今の大きな流れは買いだと思いますので、買いから相場に入ることが多いと思います。
―ロングはしばらくキープです。

シュレック

外資系金融機関においてキャリア30年以上の元為替ディーラー。為替で培った経験をどこまで仮想通貨取引に生かせるか模索中。“今日の相場は難しい”が口癖。

アーカイブ