2019.8.16【昨日でビットコイン相場のポジション調整は一巡したか?】

2019-08-16 08:33[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 1,099,360 19,903 28.1 33,804 8,101
前日比 +2.0% ▼0.7% ▼1.4% +0.8% ▼1.4%


Review

ポジション調整一巡?

昨日のBTC相場は下に行って来いの展開。市場が混乱する中、1万ドルを割れるも、9500ドルにワンタッチ、日本円では100万円手前で跳ね返されると、10500ドル近辺まで値を戻している。米国が中国からの一部輸入品への関税を12月に延期した事などから米中間の緊張緩和ムードからリスクオフポジションが巻き戻される中、軟調に推移していたBTCだが、米2-10年債が不況を示唆する逆イールドとなり市場に動揺が走ったことも有り一旦下げ止まりを見せるが、再び値を下げた。こうしたリスクオフの中での下落に、一部では中国での大型BTC詐欺事件の影響を指摘する声も見られた。更に米大統領が貿易や香港問題について習主席と個人的な協議をツィート、これに中国紙が肯定的に応えると緊張緩和との見方から1万ドルを割ったが、9500ドル水準で急反発。Binanceのメンテで取引が薄い時間帯にストップロス的な売りを誘発したとの見方も流れている。

Outlook

米利下げに注目シフト

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。高い確率でリセッションに繋がる米債の逆イールド入りで市場に動揺が走っているが、BTC相場はあまり反応がなく、逃避資産としての位置づけを失ったとする気の早い見方も浮上した。これは単に、米中摩擦を材料とした月初からの買いは中国からでなくスペックが中心だったので、ポジション調整中だったからだと考えている。ただ夏場で相場が薄いだけに、調整もあまり深くなく、昨日の1万ドル割れで一服したか。その間に市場は9月の50bp利下げを5割織り込んでおり、BTCも遅れて反応すると考える。

FXcoin Daily Report 2019.08.16.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ