• TOP>
  • コラム>
  • 夏風邪には何故かかる~ビットコイン相場の上値が重くても強気な理由2

夏風邪には何故かかる~ビットコイン相場の上値が重くても強気な理由2

2019-08-26 19:11[ にく

仮想通貨小噺 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

土曜日は富士見市にあるショッピングモールに行ってきました。暑いのでプールはどうかと息子に提案したのですが、ベイブレードで遊びたいと言って聞きません。そこで、色々調べると、コロコロBASEというコロコロコミックで紹介されている色々な遊びが出来たり、レアなグッズが売られたりするスペースがモールの中にあるので行ってみました。説明が難しいのですが、ポケモンのレアなトレーディングカードを交換したりする専用の台があったり、子供たちが自慢のベイブレードを持ち寄り、そこで対戦できたりするスペースです。ゴルフの組み合わせ、フリー麻雀といった感じでしょうか。ただ、そういうところに集まってくる小学生たちには猛者も多く、なかなか勝てない息子は殆ど泣きそうになっていました。そのモールには最近流行りのデジタル遊園地もあり、フードコートも充実していて1日遊んでいられます。

翌日はプラレール博を開催している栃木のおもちゃ博物館に行くつもりだったのですが、思いのほか息子が乗ってきません。ご飯も殆ど残したので、あれと思い熱を測ると39度。急いで開いている小児科に連れて行くと、ヘルパンギーナという夏風邪の一種でした。普段から元気すぎる我が家の子供たちは、39度程度の熱でも、少し静かになったくらいなので見極めに困ります。息子は、昨年一昨年とプール熱と手足口病を経験しているので、これで子供の3大夏風邪を制覇した形ですが、これらの原因となるアデノウィルスやエンテロウィルスは種類が多く、変異も激しいため特効薬もなく、麻疹や風疹の様に一度抗体が出来ると大丈夫というものではなく、残念ながら何度でもかかる可能性がある様です。大人がかかることは少ないそうですが、疲れていたり、体力が落ちている時にまれにかかる事もあり、重症化するケースもある様です。言われてみれば先週半ばに少し喉が痛かった気もします。

まあ、そのお陰で久しぶりに休みの日に出かけもせず家にこもってゴルフ観戦などで過ごしたのですが、せっかくなので散髪をしたところ、家の前の雑草が気になったので、こちらもカットすることにしました。更に草を刈った後の通路はホウキで掃いた程度では綺麗にならないので、高圧洗浄機があれば綺麗になるのではないかと思い量販店に行ってもう少しで衝動買いするところでした。まだ検討中ですが、家で休んでいれば余計なものも買わなくて済むところ、変にやる気を出した結果、危うく高額な買い物をしてしまうところでした。まあ、これだけ体力がありあまっていれば、ウィルスも寄ってこないでしょう。

ところで、仮想通貨相場の方も夏風邪にでもかかったかのような動きの鈍さを見せています。先週はBakktの9月開始、米2-10年債の逆イールド、パウエル議長の利下げ示唆、香港デモの泥沼化と買い材料には事欠かなかったにも関わらず上値が重い展開が続いています。一方で10,000ドル近辺では底堅さも見せていて、だんだんとレンジが狭くなっている様にも感じます。実際、ヒストリカル・ボラティリティーを見ると一時100%を超えていたが10日、30日ともに50%近くにまで半減しています。やはり活動量が落ちている様です。

この一因は夏休みシーズンで参加者が少なくなっているからであることが想像されますが、参考までにCoinMarketCapでBTCの1日平均出来高を調べてみると、5月233憶ドル、6月225憶ドル、7月218憶ドルで8月に入り176憶ドルと急低下しています。よく投機筋のポジションとして参考にされるCMEのBTC先物のLeveraged Fundの建玉推移を見ても7月頃からロング・ショート共に減ってきています。因みにLeveraged Fundだけ抽出するのは、全ての投資家タイプを抽出すると売りと買いとが同じになってしまうので、為替市場において世界の投機ポジションの縮図として利用されていた経緯にあります。その分析方法を仮想通貨市場に持ち込もうとされているのですが、まだきちんと確立しているとは言い難い気がします。寧ろ、現段階の仮想通貨市場で「機関投資家」と言われているのはヘッジファンドが殆どで、比較的大口投資家のポジションを示している気がしています。またCMEに参加する人は為替や債券に精通していて、他市場との相関が増えてきたのも、こうした市場が拡大してきたことも一因かなとも思っています。

いずれにせよ、今の仮想通貨市場の状態は、参加者も減り、ボラティリティーも減少してきた、まるで夏バテして体力が弱っている状況に似ているのかもしれません。そうした中、普段なら大丈夫な筈のウィルスに感染してしまい易い、すなわち市場が薄いのでチャート上のダマしなどが出やすい一方で、9月になって涼しくなると体力は回復するのが常です。なんか、こうした冴えない相場をずっと見ていると何だか底割れしそうな気もしてきますが、今は夏バテで一時的に体力が落ちているだけと考えて、そう大げさに考えない様にしています。昨日は少ししんどそうにしていた息子ですが、もう熱は下がっています。何でも、朝には熱は下がっていて、幼稚園はずる休みしたそうです。まあ、とにもかくにも元気になって良かったですし、相場の方ももうすぐ元気になるのではないかと考えています。



にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ