「システムトレードのシグナル配信サービス」開始のお知らせ

2021-01-06

サービス概要

当社トレーダーが利用しているシステムトレードをご紹介し、システムの売買シグナルをTwitterで配信するサービスを1月8日(金)より開始致します。本サービスは、Twitterを受信できる方であれば、どなたでも無料でご利用いただけます(ただし、通信に要する費用は利用者のご負担となります)。

システムトレードとは?

システムトレードとは、銘柄の価格情報やインジケータ等のデータをもとに売買ロジックを作成し、システムの指示に従って機械的に取引を行うトレード手法です。

システム紹介

今回ご紹介するシステムは、「日足トレンドフォロータイプ」の売買ロジックとなります。トレンド発生の初期段階からエントリーし、トレンドが明確になるに従いポジションを積み増していきます。売買シグナルは日足ベースで1日1回発生します。システムで保有するポジションは、相場の強弱によって-1.00(売)から+1.00(買)の範囲(0.25区切り)で表示されます。

バックテスト結果(BTC/JPY)

2017年~2020年までのBTC/JPYでのバックテスト結果は以下の通りです。トレンドフォロータイプの売買ロジックのため、大きくトレンドが発生した2017年や2020年の成績が良いですが、2018年や2019年のような、レンジに近い相場でも一定の成績を残しています。バックテストでの取引は日本時間の8時に執行しています。

<BTC/JPYの価格チャート>

<バックテストによる資産曲線>

<バックテストによる年度別主要指標>


シグナルの配信方法

システムの売買シグナルは下記Twitterアカウントにて、毎朝日本時間の8時に配信します。
https://twitter.com/FXcoin_systrade

シグナルの配信内容

Twitterでの売買シグナルは、以下のような内容で配信されます。下記例の場合、前日は-0.50ポイントの売り優勢でしたが、本日は+0.50ポイントの買い優勢となります。前日と本日の差分が「本日の注文(買 +1.00ポイント)」として表示されます。

<Twitter配信例>
[シグナル(BTC/JPY)]
2021/1/10
本日の注文 :買 +1.00
―――
本日の強弱 :買 +0.50
前日の強弱 :売 -0.50
―――
強弱は-1(売)から+1(買)の範囲(0.25区切り)で表示されます。前日と本日の差分が『本日の注文』になります。

シグナルの参考例

① 日足スウィングの場合
シグナルを日足のスウィングトレードとして参照する場合、投資資金量に合わせて、シグナルの『本日の強弱』と同等のポジションを保持します。例えば、投資資金の最大値を1.0 BTC/JPYとした時、『本日の強弱』が +0.50(50%)の場合は0.5 BTC/JPYのロング、+1.00(100%)の場合は1.0 BTC/JPYのロングポジションを保持します。買いのみで参照する場合は、『本日の強弱』がプラスの時のみ買いポジションを保持し、『本日の強弱』が0以下になった時にポジションをクローズします。

② デイトレードの場合
シグナルの『本日の強弱』は、過去の統計上『日足レベルでの相場優位性』を表しているため、デイトレードで参照する事も可能です。例えば『本日の強弱』が +1.00(100%)の場合は、『日足レベルで買い優勢』という事ですので、日中に買いでエントリーし翌朝までにクローズする、といった参照方法も可能です。



■著作権表示@2021 FXcoin株式会社
本サービスは一般的な情報提供を目的とするものであり、特定のお客様のニーズ、財務状況又は投資対象に対応することを意図しておりません。本サービス内のいかなる情報又は意見も、仮想通貨の売買、投資、保有などを勧誘又は推奨するものではありません。本サービスの配信内容は信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社はその正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。また、当社は予告なく、本サービスの内容の変更、利用条件の変更、または本サービスの提供を中止することがあります。本サービスの配信内容は著作物であり、著作権法 により保護されております。当社の書面による許可なく複製又は第三者、個人顧客もしくは一般投資家へ配布することはできません。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会