• TOP>
  • 投稿者(れんぶらんと)

れんぶらんと

17世紀に活躍したオランダの画家レンブラント・ファン・レインの作品をこよなく愛する自称アーチスト。 1980年代後半のバブル期に株式および外貨資産投資を始め、いい思いをしてから投資の世界にどっぷりつかっている。

仮想通貨と伝統的金融資産の相関について

先週は新型肺炎の感染拡大を背景とする世界同時株安などで金融市場が混乱しましたが、ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)も急落となりました。今回の混乱で仮想通貨関係者を驚かせたのが、それまで株などの伝統的な金融資産の相場と...

2020-03-16 12:26[ れんぶらんと

仮想通貨にSwap市場が必要な理由 - 実需取引拡大に不可欠

1.Swap市場があれば、将来のレートを固定することができる。 2.将来のレートを固定できれば、外国送金などの実需取引に使用できる。 3.企業のキャッシュマネジメントや貿易金融などにも用途が拡大する。 4.多様な目...

2019-12-20 20:32[ れんぶらんと

仮想通貨市場に機関投資家が参入するには (3)

ここまで3回わたって仮想通貨市場に機関投資家が参入するための条件を、4つの視点から説明してきましたが、まとめると以下の通りとなります。  1.十分な流動性    → 昨年12月比で約8倍の取引量が必要。  2.ヘッジ...

2019-08-19 17:23[ れんぶらんと

仮想通貨市場に機関投資家が参入するには (2)

5月14日付当欄「仮想通貨市場に機関投資家が参入するには (1)」で、市場の流動性と安定性には多種多様な市場参加者が不可欠であることと、そのためには機関投資家の市場参入が待望されることを書きました。今回はその機関投資家が...

2019-06-10 12:39[ れんぶらんと

仮想通貨市場に機関投資家が参入するには (1)

以前に2月12日付当欄「仮想通貨市場と外国為替市場の比較(2)流動性と安定性のために」で、”仮想通貨市場が外国為替市場と同様の流動性と安定性をもつには、多種多様な市場参加者を呼び込むことが不可欠”と書きました。現在の仮想...

2019-05-14 15:01[ れんぶらんと

リップルを愛する日本人の姿が浮き彫りに - 協会が統計資料を公開

認定自主規制団体である一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が、2月20日に仮想通貨の取引や保有額に関する統計データ(2018年12月分)を公開しました。このデータは協会員が提出された報告をもとに作成されていま...

2019-03-06 17:26[ れんぶらんと

仮想通貨市場と外国為替市場の比較(2)流動性と安定性のために

前回は仮想通貨市場と伝統的な外国為替市場においてそれぞれの特徴を細かく指摘しました。それらを要約すると「仮想通貨市場は外国為替市場に比べて流動性と安定性において改善の余地がある」ということでした。 今回は仮想通貨市場発...

2019-02-12 11:55[ れんぶらんと

アーカイブ