• TOP>
  • 仮想通貨入門

    >
  • 仮想通貨取引におけるリスク

仮想通貨取引におけるリスク

価値の裏付けがない

法定通貨ではないため、国の担保や信用がありません。

流動性が低く、値動きが激しい

大儲けできる可能性がある一方、大きく損することもあります。

即時決済できる場が少ない

仮想通貨がショッピングや送金などで使われる場面が増えてきたとはいえまだ使用できる場所は限られています。

法律の規制

日本では2017年に改正資金決済法が施行されたが、世界の多くの国でまだ法の整備がされていません。

相続できない可能性がある

秘密鍵や取引所へのパスワードを被相続人が他の誰にも教えていなかったり、
残していなかった場合仮想通貨を動かすことができず、相続できないこともあります。

取引所の破綻やハッキング

取引所が破綻したり、ハッキングされ、預けていた通貨が消滅する可能性があります。